シルエット天国〜ラブ

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

非情な億万長者―愛をささやく湖〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
庭師ハンナはとある大邸宅の庭園整備に雇われた。雇主のイーサン・ハリソンなる人物は素性を明かさず、町では“謎の億万長者”と評判だ。イーサンにまつわるさまざまな噂が流れ、不安は募るばかりだった。いざ初仕事の日、ハンナは現れた雇主に目を見張った。噂とは裏腹に、成功者としての自信に満ちあふれた男性だ。やがて時がたつにつれ、驚きはせつないあこがれへと変わった。彼は笑顔こそ見せても瞳は陰りに満ち、心を開いてくれない。どうにかして彼の凍った心を溶かせないかしら…ハンナは夢見た。この片思いが無残に砕け散るとも知らずに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ランガン,ルース
米ミシガン州在住。高校時代は学生新聞の記事を執筆し、卒業アルバムの編集に携わったという。ヨーロッパおよびアメリカの歴史ロマンス、現代もののロマンスのほか、脚本や子供向けの本も書く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

囚われの天使 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
誘拐されたマディソンは、タナーと名乗る男に救出された。だが、誘拐事件の黒幕は身代金目当ての元夫だ。自宅に帰ったらまた監禁されてしまう。マディソンはわけを話してようやくタナーを説得し、彼の隠れ家にかくまってもらうことになった。屋敷に足を踏み入れ、タナーに鋭く見すえられた瞬間、彼女は手首にひんやりとした感触をおぼえて驚く。鈍く光るのは手錠だ。「ぼくのルールに従ってもらう」わたしはふたたび囚われたのだ―この危険な男性に。不安ではなくなぜか甘い期待がこみ上げ、マディソンはうろたえた。

内容(「MARC」データベースより)
誘拐されたマディソンは、タナーと名乗る男に救出された。だが、誘拐事件の黒幕は身代金目当ての元夫だ。自宅に帰ったらまた監禁されてしまう。マディソンはわけを話して、タナーの隠れ家にかくまってもらうことになるが…。

ロイヤル・ターゲット―ヴァシュミラの至宝 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
記者エリカは新国王の戴冠式取材のため、ヴァシュミラを訪れた。驚いたことに、空港に降り立った彼女を出迎えたのはタクシー運転手の制服を着た新国王ニコライ・ザレド二世自身だ。巧みな変装だが、風雅な物腰と輝くばかりの美貌は隠せない。真意をはかりかねながらも、彼女はニコライの案内で市内を見て回った。やがて公園でベンチに座り、彼から前国王暗殺の経緯を聞くうち、異様な光景を目にしてエリカは凍りついた。一台の車が猛スピードでこちら目がけて突っ込んでくる。とっさに二人は、迫りくる車から逃れようと噴水に飛び込んだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カーニー,スーザン
USAトゥデイのベストセラーリストにしばしば登場する人気作家。10歳のときに飛び込み競技を始め、12歳でニュージャージー州で優勝。三度全米代表選手に選ばれたというスポーツウーマンである。ミシガン大学でビジネスの学位を取得したあとは、さまざまな事業をおこして成功した。1995年に作家デビューして以来、フルタイムで執筆をおこなっている。フロリダ州タンパ郊外の小さな町に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

吹雪のファンタジー―クリスマスは大騒ぎ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雪に覆われたクリスマス城で、サンタが彼女にキスをした…。クリスマスも近い吹雪の晩、タクシー運転手のニッキは空港からひとりの少女を乗せた。目的地は、童話作家ジョナサン・スリートが住む“クリスマス城”だ。彼の娘だという少女とともにたどり着いた屋敷は、深閑としていて出迎える者もいなかった。嬉々とした少女の話とはずいぶん違う雰囲気に不安を感じ、ニッキは一緒にジョナサンを待つことにした。吹雪のせいで照明がすべて消え、再び明るくなったとき、生気を失ったような全身に悲しみを漂わせた男が立っていた。喜ぶ少女を見て彼は言った。「君は…誰だい?」娘を無視するなんて!ニッキは猛然と抗議した。またも明かりが消え、次の瞬間、彼がニッキにキスをした。どういうこと?闇の中で彼女のパンチが飛んだ。

孤独を抱いて眠れ―危険を愛する男たち〈11〉 シルエット・ラブストリーム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
すてきな笑顔。輝く瞳。さりげない優しさ…。おせっかいな妹に頼まれて出かけたブラインドデートでブリタニーは心底驚いた。無敵の海軍シール部隊員のなかでも硬派なタフガイで知られるヴェズ・スケリーは、予想に反して“紳士”だった。過去のつらい経験からもう二度と男性を信じないと誓っていたにもかかわらず、彼女は自分が一瞬にして心を奪われたことを悟る。でも無情な言葉に、ブリタニーのささやかな希望はついえた。「きみはおれのタイプではない。おれのタイプは…」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブロックマン,スーザン
RITA賞を含め、数々の受賞歴を誇る作家。ボストン郊外の小さな町に住んでおり、家にはしばしば俳優や音楽家などさまざまな職業のゲストが訪れる。また、執筆のかたわら音楽活動を行っており、編曲を手がけたり、アカペラグループに所属して歌ったりと多才な人物でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

虚飾のピラミッド―闇の使徒たち〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼の求愛は偽りに満ちていた。まるで熱砂に浮かぶ蜃気楼のように。言語学者のグレッチェンには恋愛経験がない。内気な性格と目立たない外見に加え、ひたすら学問に打ちこんできたからだ。でも最近、彼女は切実に孤独を感じていた。研究のために訪れているここエジプトの熱気のせいかしら?それとも、毎晩ひとりでとるディナーの味気なさのせい?ある夜、カートと名乗る魅力的な男性にダンスに誘われる。きらめく瞳と機知に富んだ会話はたちまち彼女を虜にした。カートが周到な罠を仕掛けていることに、純真なグレッチェンは少しも気づいていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィンストン,アン・マリー
ベストセラー作家で、“ロマンス小説界のオスカー賞”ともいわれるRITA賞の最終候補者にもなった経歴を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

幻を愛した夜―孤高の鷲 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
きらびやかなパーティの席で、レインはとまどっていた。ドレスは借り物だし、そもそも華やかな場には慣れていない。だが人の悪意を感じとる特殊な能力を持つせいで、この潜入捜査に駆りだされたのだ。付き添い役のエージェント、イーサンがこちらを見ている。初めてイーサンに会ったときから運命を感じたものの、現実主義の彼は、レインをまやかしだと思っているらしい。現に今、美しい銀色の瞳には不信と侮蔑が浮かんでいる。わたしを疑っているのね…。いたたまれずに場を離れた直後、何者かの強烈な悪意に襲われ、レインは不意に気を失った。

内容(「MARC」データベースより)
きらびやかなパーティの席で、レインはとまどっていた。ドレスは借り物だし、そもそも華やかな場には慣れていない。だが人の悪意を感じとる特殊な能力を持つせいで、この潜入捜査に駆りだされたのだ。

ボスのたわむれ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
無垢な修道女から妖艶なコールガールまであらゆる役柄を演じてきた秘密捜査員マギーにも、今回の任務ばかりは難題だった。若き女性副大統領の影武者を務めなければならないのだ。作戦のパートナーは、ボスのアダム・リッジウェイ。冷静で威圧的で貴族のような雰囲気を持つこの男性に、マギーはずっと特別な思いを抱いてきた。だが、一度として興味を示されることはなかった。その彼が“副大統領の恋人”として昼も夜も行動をともにする。「この任務中、きみを抱く男はぼくだけだ」。アダムの熱い瞳に溺れそうになりながら、彼女はため息をついた。

内容(「MARC」データベースより)
無垢な修道女から妖艶なコールガールまで、あらゆる役柄を演じてきた秘密捜査員マギーにも、若き女性副大統領の影武者という今回の任務は難題だった。作戦のパートナーは、ずっと特別な思いを抱いてきたボスのアダムだ。

あなたが遠すぎて―狼たちの休息〈13〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
やさしい男性と結ばれて幸せな家庭を築く。それが、かつてのペギー・ジョーの夢だった。だが現実は苛酷で、最近ではストーカーに悩まされる日々だ。そんな彼女のもとに、腕利きのボディガードがやってきた。甘い言葉、誘うような微笑み。ジャック・パーカーはまさに“女性を愛しては去る”プレイボーイの典型だ。そして、わたしが大嫌いなタイプ…。彼の熱いまなざしに、ペギー・ジョーの胸は千々に乱れた。わたしの心を奪わないで。むなしい夢など見させないで。「きみだって考えられなくなる。ぼくのベットに入ってしまえば」自信満々のせりふを聞いた瞬間、全身がうずき、彼女は敗北を悟った。

内容(「MARC」データベースより)
やさしい男性と結ばれて幸せな家庭を築く。それが、かつてのペギー・ジョーの夢だった。だが現実は過酷で、最近ではストーカーに悩まされる日々…。そんな彼女のもとに、腕利きのボディガードがやってきた。

シークの愛人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあの鷹ほどの自由もないのね。ヘイリーは大空を舞う鳥を見あげ、つぶやいた。ここアナイザの宮殿に囚われてから何日がたつだろう…。仕事で訪れた中東で、彼女は不運にも戦争に巻きこまれた。救いだしてくれたのは砂漠のプリンス、シーク・ゼイン・ハーリス。だが彼はヘイリーをハーレム―愛人の館に閉じこめたのだ。ヘイリーが幽閉を解いてほしいと直訴したところ、ゼインは官能的な笑みを浮かべて言った。「きみの体にぼくが触れる。最初からきみが望んでいたことだ」なんですって?そんなことあるわけ…ないわ!そう言いかけた瞬間、彼女の唇はゼインに奪われていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイン,エリザベス
末の子が二歳になってから小説を書き始める。新しい媒体の出版に関心を持っており、インターネット上でも作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <鶯谷・うぐいすだに> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <台東紀行> <電子たばこ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <台東クラブ> <GOGO!江戸川区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <アキバ中毒のページ> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <千葉の印刷なら千代田印刷> <高収入バイト情報

oooリネージュIIクロニクル2ooo 台東クラブooo 千葉とんかつooo レジャー、アウトドア.コレクションooo ~新宿 Live House~ooo ラッキーショッピングooo 天国的お魚の道@千葉ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo A&Dooo 千葉の駅集めましたooo AV機器ooo 性病検査キットooo 千葉の事。ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 川は生きているooo 夏はプールだ千葉特集ooo なでしこJAPANooo ~品川の街~ooo ぎょうざ@千葉ooo 千葉の醤油ooo